ビジネスを有利にする資格をご紹介

>

そもそも資格って何?

資格があると何が良い

資格をとることによって、ビジネスシーンでなんの役に立つのかと思う方もいらっしゃると思います。

資格自体が仕事に必要な場合もありますし、資格をとったことにより職場での評価が上がり年収アップに繋がった例もあります。色々な資格を持っているということは、それだけ知識も豊富に持っているということなので、職場で頼りにされ、責任のある仕事を任されたりもするでしょう。

資格にも人気なものがあり、人気の高いものが直結して役に立つ、有利になるなどということではありませんが、人気の高さはやはりそれだけ取るメリットの大きいものもあります。

とるまでの期間や費用、手間などを考えつつ、自分に合った資格を選択するのがおすすめです。

一般的な資格

ビジネスシーンも少しずつ国際化が進んでいくにつれて、様々な場面で外国語の需要が高まっています。
なので現在、国際的な英語検定の「TOEIC」が人気です。日本では年間80万人以上が受験していて、世界約60カ国で共通のテストなので、英語を活かした職業を考えていたり、就職試験などにも役に立つような資格です。
受験資格や年齢制限などもないので、何歳になっても受験してスコアを上げていくことが可能です。

簿記検定は商業系の学校などであれば、授業の一環として受験を行うところもある資格です。会社の営業活動などを全て数字にして管理する能力なので、職業や役職などに関係なく持っていると役に立つ資格です。

MOSはマイクロソフトオフィスの資格です。現在はたいていの会社でマイクロソフトオフィスを使用する機会があるので、基本的なスキルが使えるという証明にもなります。


この記事をシェアする