ビジネスを有利にする資格をご紹介

>

職業別に専門的な資格

ファイナンシャルプランナー資格

ファイナンシャルプランナーの資格はビジネスの際に役に立つ資格の一つです。資産運用に関してのプロフェッショナルになることの出来る資格です。
実際に資産や保険、税金などに関するデータを使用、分析するので、資格を取得するにあたり、ビジネスの際にも知っていると役に立つ知識を得ることができます。

別の資格としての扱いにはなりますが、資格の難易度も多々あり、入門、上級、国家資格までわかれています。なので、自分の職業に必要なレベルに応じて資格を取得することが可能なので、まずは入門からという方にもおすすめです。

個人資産だけでなく、企業内にFPの部署をおく会社も多くなっていることから、知識として持っていることを求められる場合もあります。

販売関係に特化「販売士」

小売業に特化している資格があることをご存じでしょうか。「販売士」の資格は、販売能力が重要な小売業で唯一資格として認められているものになります。
製造、販売、サービス業、営業など幅広い分野で役に立つ、有利になる知識を得ることが出来るのが販売士の資格です。

販売なら自分の売るものの特性や知識だけで良いんじゃない?と思われるかもしれませんが、それだけでは売り上げは伸びないのが昨今の販売業です。
消費者や市場の傾向などを知ることにより、より良い形で営業をすることが大切になっているのです。

主に企業内でのスキルアップなどを目的にとることが多く、取得者には昇級などの待遇があることもあります。
また、受験難易度もそこまで高くないことから独学で受験、合格することも可能な資格の一つです。


この記事をシェアする